暮らし

【ラオス女子旅】行き方、SIMカード、ホテルのおすすめ

1月の成人式での3連休に合わせて大学時代の友人3人でラオス・ルアンパバーンへ3泊4日の旅行に行ってきました。友人の一人が現在バンコク駐在中のためバンコク二一度集合し、そこから一緒にラオスへ出発です。

今回の記事ではまずラオスをはじめて旅行する方が少しでも参考にしていただけるように、航空券、現地でのSIMカード購入、両替、ホテルについて書きたいと思います。

航空券(バンコク⇄ラオス)

今回は、バンコク集合ということもあったので、バンコク⇄ラオス(ルアンパバーン)間の往復チケットはAirasiaのホームページより出発日の10日前に直接購入して1人あたり17819円でした。バンコク⇄ラオス間の飛行時間は片道1時間30分程。現在日本からラオスへの直行便は運行していないのでバンコクなどを経由して向かうことになります。ちなみに、日本からきてバンコクで合流した友人は東京⇄バンコクを往復2万円代で購入したそうです。

現地SIMカード

ラオスSIMカード料金表

海外旅行に行く先は日本からモバイルWi-Fi派、現地でSIMカード購入派、そして公共の無料Wi-Fi派に別れるかと思いますが、私は基本現地でSIMカードを購入することが圧倒的に多いです。SIMロック解除の携帯があれば、現地で購入したSIMカードを挿すだけですぐにインターネットが使え、なんといっても日本からモバイルWi-Fiを持っていくのに比べて格段に安いです。(SIMロック解除の事前手続きは各自でお願いいたします。)

ラオスのルアンパバーン空港では到着して、出口のゲート手前にSIMカードのカウンターが3つほど出ていたのでそちらで購入できます。特に会社などを調べていなかったのでお客さんのいない一番手前のカウンターで私たちは購入したのですが、なんと3-4日用の6GBで3USD…確実に日本からモバイルWi-Fiを持って行くより安い。支払いは私たちはタイバーツが手元に現金であったのでタイバーツで支払いました。

近頃は、現地でSIMカードを購入する手間を省く為に事前にAmazonで現地のSIMカードを事前に購入して行く友人もいますね。個人的には安さを求めて現地はですが、現地での購入が心配な人などは事前購入もオススメです。

両替

私たちは今回空港からの送迎を事前にホテルにお願いしていたので、まずはホテルにチェックインしてから近くの両替所に歩いて行って日本円からキープに両替しました。こちらもし各自で空港から宿泊先まで移動される場合は事前に空港で両替された方がいいと思います。

また、以前ハワイに旅行に行った際に空港で両替すればいいやと思っていたら、空港の為替が悪すぎて現金が以前の旅行の残りの2USDぐらいしかない状態でホテルに行かないといけなくて、空港シャトルバスの支払いは事前にカードでしていたもののチップをちゃんと支払えないことがありました。このようなプチハプニングにならないように基本は事前に少しは両替をして現金を手元に持っていくことをオススメします。

ホテル

今回ルアンパバーンでは友人1人が1日早く帰国することもあって、気分転換もかね、最初の2泊を1つ目のホテル、最後の1泊を2箇所のホテルに滞在しました。

Sunrise Garden House

Sunrise Garden House外観

まず最初に2泊したのは、こちらのSunrise Garden House。3名で宿泊できるトリプルルーム ガーデンビューに滞在しました。朝食料金も含め2泊220USD、1人当たり1泊約4000円程です。空港までの迎えも別途料金でお願いできました。

Sunrise Garden House食堂

よかった点
ロシア系?のスタッフが日中はカウンターにおり質問などに対応してくれます。チェックインの際にはウェルカムドリンク&ウェルカムフルーツと共に、ルアンパバーンの街中の説明を詳しくしてくれ、オススメのレストランやバーなどとても参考になりました。

微妙だった点
プールの水が激さむで入るには少しきつかったです。水質自体は問題なさそうなのでもう少し暖かくなるとよいかもしれません。

Le Bel Air Resort Luang Prabang

Le Bel Air Resort Luang Prabangロビー

2軒目は少し街中から離れたところにあるLe Bel Air Resort Luang Prabangに友人と2名で滞在しました。こちらは朝食付き1泊2名で107USD (11988円)、 1人当たり1泊5000円程度でした。

よかった点
プールがとても広くお客さんたちもあまりいなかったので私たちだけで独占できました。また、プールサイドにはバーカウンターもありハッピーアワーなども実施しているのでのんびり過ごすにはぴったり。

Le Bel Air Resort Luang Prabangプール

微妙った点
やはり車だと街中から少し離れているので、出入り多めで観光する人には不向きかなと思います。


さいごに

こじんまりとしており、街全体がのんびりとした雰囲気に包まれたルアンパバーン。今回は3泊4日と短かったのですが、かなり充実した旅行になりました。以下の記事に実際に私たちが3泊4日で楽しんだ観光プランを紹介しているので、合わせて確認してみてください。

https://erinawest.com/laos-travel-plan/