インテリア&植物

デッドスペース活用におすすめの収納アイテム5つ!収納力倍増には突っ張り棒!

今回のブログでは、具体的に一人暮らしの限られたスペースを効率よく使う、収納力倍増お役立ちアイテムを紹介したいと思います。

どれも収納のない1Kのお部屋に住んでいる私が実際に使っていて、とてもおすすめできるアイテムたちばかりです!

ちなみに、今回のアイテムで共通するのは「デッドスペースを失くす」です!

意外と至る所にあるデッドスペース

一人暮らし関係なく、どのお家でも共通することだと思うのですが、意外とデッドスペース(=無駄スペース)が家のいたるところにありませんか?

例えば、洗濯機横のちょっとした隙間、冷蔵庫横のスペースなど…。

特に意外と深さがあるスペース(洗濯機の上の空間など)だと、そこに棚を設置するだけで2倍、3倍の収納スペースが生まれるはずです。

このデッドスペースをどれだけうまく活用できるかで収納スペースが数段違うと実感しておりますので、ぜひ今回紹介するアイテムなどを使って一人暮らしの限られたスペースを有効活用してみてください。

突っ張り棒式水切りラックで収納力倍増!

突っ張り棒式水切りラック

多分、今回紹介するアイテムの中で個人的に一番買って満足しているのがこちらの突っ張り棒式の水切りラックです。

現在住んでいる1Kのお部屋は、お部屋自体は10帖と一人暮らしの平均サイズよりは広い方かと思うのですが、その他のキッチンやお風呂、トイレ周りは逆にとても狭いんです。特に料理を結構する私としてはキッチンの狭さはかなり妥協した点で、限られたスペースをどうやって効率的に使おうかといろいろ試行錯誤しました。

食器洗い後に乾燥するするスペースをとるのもかなり大変なのですが、この突っ張り棒式の食器乾燥ラックを導入したことでこれまでデッドスペースだった食器洗い場スペース上の空間で食器を乾燥させることができました♪

こちらお値段1万円弱ですが、その価値が十分にあると思うので、狭いキッチンで悩んでいる方はぜひ試してみてください。

突っ張り棒式棚で収納力倍増!

次の商品は突っ張り棒式の棚です。私はニトリの「ポールつっぱり棚」を洗濯機上の空いたスペースに設置しています。突っ張り棒は特に壁を傷つけずに簡単に設置できるのがおすすめのポイントです。

棚の上には上記のように書類整理などに使うIKEAのファイルボックスや、ニトリのラタンカゴを置いて、洗剤やタオルなどバラバラしやすい細かなアイテムを中にまとめていれています。こうすることで外から見た際には、まとまって見えるので、小物はそのまま棚に置くのではなくこういう容器に入れてから収納するのがおすすめです。

耐荷重は製品にもよるのでしっかりと確認して利用しましょう。

突っ張り棒式ミラーで収納力倍増!

 突っ張りミラー

一人暮らしをする上で、特に女子はお家のどこから全身鏡が1つは持っているかと思います。ただ、鏡って選び方難しくないですか?

壁掛けタイプだと重すぎたら固定するの大変だし、壁によりかけるタイプだと不安定で、その分幅をとってしまいます。

そこで、おすすめした全身鏡がこちらの突っ張り棒棒式のミラーです。壁に垂直に立てかけることができるので無駄なスペースもできないし、つっぱり棒式なので確実に固定もしてくれます!

お家に遊びに来てくれた友人からは結構評判のいい商品です。

ちなみに、鏡には部屋を広く見せる効果があるので、私のワンルーム内には鏡が3つ、お家全体には計5つの鏡があります。

有孔ボードで収納力倍増!

有孔ボード

これは、友人がやっていて真似したアイディアなのですが、IKEAの有孔ボード(SKÅDIS スコーディスを壁につけて収納、装飾スペースにしています。

結構壁ってポスターなどのアート系を貼り付けることはあっても棚を取り付けたりと収納スペースにするのは結構難しいのかなと思います。特に賃貸だと釘を使うことができないので棚をつけようにそこまで重いものを置けないなどがあるかと思います。

この有効ボードは「石膏ボード用パンチングボード止め具セット」を使って設置しているので普通の釘を使うよりは穴が目立ちにくく、かつ押しピンなどより丈夫です。(ただ、穴は開いてしまうので使用は自己責任でお願いします。)

バスケットワゴンで収納力倍増!

バスケットワゴン

こちらは最初に書いたデッドスペースを失くす上で、上記3つに比べて比較的簡単に導入できます!

デッドスペースのサイズを測って適当なサイズのバスケットワゴンを購入するだけです。私はもともと冷蔵庫と洗濯機の隣に微妙なスペースがあり、普通にものを置いていたのですが、それだと高さを活かせていなかったのでこちら3段棚を導入し、収納を3倍にすることができました!

結構これって地味に収納量増えるのでぜひデッドスペースがある方は導入してみてください。サイズはいろいろあるので自分のデッドスペースのサイズに合わせて購入してください。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

この商品たちはどれも私がInstagramには基本あげないキッチンなど生活感丸出しエリアで使っているものたちです。少しアイテムを購入するだけで一気に収納スペースが増えるのでどれもおすすめアイテムとなっています。

おしゃれさは今のところそこまで求めてないけど、料理をするので、どう効率的にスペースを使って料理のしやすいキッチンにするかは日々の課題です。もちろん、おしゃれさも諦めてはいないので、この後キッチンやお風呂周りのDIYも頑張っていきたいと思っています。

それまでは、限りある一人暮らしのスペースを少しでも効率的に使って自分なりに住みやすくしていきたいと思います。