インテリア&植物

一人暮らし1Kの部屋を広く見せる家具選び【色×高さ×収納力がポイント!】

東京都内で一人暮らしをしているErinaです。
いきなりですけど、「一人暮らしをしているお部屋を少しでも広く見せたい」と思ったことはありませんか?

私がお部屋探しをする際に「広さ」はお部屋選びのポイントの一つで、できるだけ広く、開放感があるお部屋が条件でした。

しかし、実際は予算との兼ね合いもあって、希望の広さの部屋に住めなかったり、住み出すと物が溢れて実際より狭いお部屋に見えることもあります。

そこで、今回のブログでは、私が一人暮らしをしているワンルームのお部屋をより広く見せるために家具選びで実践している3つのコツを紹介したいと思います。

家具の色使いを白系にして広く見せる!

自室

淡い色や薄い色には膨張効果があります。例えば、白い洋服を着ると太って見えやすく、あえて黒色の服ばかり選びがちになっていませんか?

この膨張効果を逆手に使ってお部屋を広く見せることができるのです。

色は、白ではなくても灰色やベージュなどの明るい色、淡い色にも同じような効果を期待できるのですが、白は一番ベーシックな色なので、どの家具を選ぶにしても選択肢があります。また、他の色との相性もいいので、白系で揃えるのがおすすめです。

ちなみに、私のお部屋では以前住んでいたところから持ってきたソファとテーブル以外の大きめの家具は基本白色のもので揃えています。

また、棚は元は濃い茶色だったのですが、自分で白に塗り直したりとすでにある家具もDIYで色を揃えたりしました。近くで凝視するとわかりますけど、遠目で見た場合はそこまでわからないのでお部屋に馴染んでいます。

白系の床リメイクシートを導入!

家具の色ももちろんですが、私がおすすめしたいのは床の色を変えることです。

私の物件は、元は濃い茶色の木目調のものでしたが、自分で白ベースの床リメイクシートを敷きました。

床は部屋面積の大部分を占めるスペースなので、床の色を変えるだけで一気に部屋全体が明るくなり、より部屋を広く感じさせることができます!

ベッドまわりを白×無地に統一!

ベッドカバーに、まくらカバー、布団カバーといろんな色や柄を使っていませんか?私は、家具と合わせてファブリック系も白×無地に統一しました。

ベッドまわりは部屋面積に占める割合が高いので色合いを揃えると大きな変化を感じると思います。私も元はブルー×ホワイトのストライプのカバーを使ってましたが、白単色の無難なものに変更し、部屋全体の色味と合わせました。

カーテンは白系×ストライプで広く見せる効果!

窓やドアのサイズにもよるかと思いますが、カーテンも部屋のスペースの広くを占めているかと思います。(特に、私の部屋は入り口の向かい側が1面ガラス窓になっているのでかなり目立ちます…)

現在私は白とグレーの縦ストライプのものを使っています。こちらは、最初の方に買ったのであまり選び抜けなかったのですが、縦のストライプには視覚的に縦に高く見せる効果があるそうです。ぜひ、お部屋の雰囲気と合わせながら最適なカーテン選びをしてみてください。

高さの低い家具に揃えて広く見せる!

背の高い家具は視覚効果的に迫感を感じさせてしまいます。なので、低めの家具を揃えるのも部屋を広く見せるコツです。

例えば、ベッドの高さを低くするためにスノコにそのままマットレスを置くタイプのベッドフレームもいいですね。私は収納スペースを確保したかったので、現在はできるだけ高さのないもの且つベッド下に収納スペースのある白色のベッドフレームを使用しています。

収納力のある家具で広く見せる!

収納

雑多な小物が机や棚の上、床に置いてあるだけで、ごちゃごちゃして、行け面積を狭く見せてしまいます。なので、できるだけ収納力のある家具を導入して雑多な小物を片付けるようにしています。

特に私の部屋には収納スペースがないので、どれだけ見せる収納を追求し、そして、雑多な小物をすっきると片付けることができるかを頑張っています。

ちなみに、収納力をあげる上で役立つのが、整理用のボックスです。

写真の棚は洋服を収納しているのですが、そのまま棚に洋服を畳んで整理するのではなく、まとめて入れるボックスを設置してその中に洋服を入れています。

私はかなり面倒くさい性格なのですが、この整理ボックスを導入してから、そこに入れさえすればある程度はまとまるので本当におすすめのテクニックです。

よくInstagramで尋ねられるのですが、写真の上段に使っているラタンのカゴはニトリで数年前に購入した「バスケット ムスカ リング(L)」です。全く同じものは売っていないかもですが、ラタンシリーズは定期的に販売しているのでチェックしてみてください。

また、下段のカゴはフランスのブランドの「スタックストーバスケット(M)」になります。こちらはお子さんのおもちゃ入れとして使われている方をよくネットでお見かけしました!

この棚の劇的ビフォーアフターについては以下の記事で写真付きで公開しています。

賃貸一人暮らしのお部屋劇的BEFORE&AFTER!1年で大変身【写真大公開】約1年間で一人暮らしのお部屋の劇的ビフォーアフターの様子を写真も使って紹介します。1年間でここまで変えれるんです!...

さいごに

いかがでしたでしょうか。「部屋を少しでも広く見せたい」という悩みは誰しも一度は持ったことがあると思います。

特に一人暮らしのお部屋だと、できることも限られるとは思いますが今回お伝えした家具選びの3つのコツ、「明るい色で膨張効果期待」、「低い家具で圧迫感を減らす」、「収納で物を減らす」を守ればより広く見えるはずです。

ちなみに、一人暮らしの平均的な広さは、大手住宅検索サイトのホームズによると25平米前後とのことでした。ぜひ限られたスペースを見た目だけでも広く、開放感のあるスペースとして生活できるようにぜひ今回紹介したコツを自分のお部屋に取り入れてみて下さい。