福岡

手ぶらOK!福岡の女性専用サウナSaunaLab Fukuokaでととのい体験

こんにちは。現在、福岡に短期出張中のErina(@erina345)です。今日は私が福岡滞在中にどハマりした女性専用のサウナ施設「SaunaLab Fukuoka」の体験レポートを書きたいと思います。

この頃、巷で徐々に人気となっている「サウナ」。皆さんはよく行かれますか?私自身は、銭湯にいった時にサウナに入ることはあっても「サウナ」自体を目的にどこかにわざわざ行ったことはありませんでした。今回このSaunaLab Fukuokaに行ったのも偶然ホテル周辺の銭湯を探していて見つけたからだったのですが、サウナ…奥が深くこれはハマりそう。。。

ということで、SaunaLabの体験レポートをご覧ください。

福岡の女性専用サウナSaunaLab Fukuoka

雑居ビルの一角に突如として現れる木製の扉。かなり小さな扉なので大人は屈みながら通る必要があるのですが、この先にあるのが女性専用サウナ施設「SaunaLab Fukuoka」。

SaunaLab Fukuokaは、名古屋に続いて全国2店舗目として2020年の8月にオープンしたばかりの新しいサウナ施設。後々聞くとサウナ愛好家の間ではかなり有名店とのことです。現在は名古屋と福岡の2店舗のみだけど、今後東京にも展開するとのことで今から楽しみです。

SaunaLab Fukuoka利用の流れ

受付

入り口の小さな扉を潜るとそこには、木製の温かみのあるレセプション空間がお出迎え。サウナグッズなどの販売があるコーナーには、SaunaLabオリジナルのサウナハット(税込5500円)や、セルフロウリュセット(税込18000円)などサウナに関連するアイテムが目白押し。

まずはこちらで受付をします。私は予約せずに行きましたが、予約優先とのことなので気になる方はこちらから事前予約がおすすめ。サウナを利用する場合は3時間:税込2200円または時間無制限:3300円の2つの料金体験から選びます。

着替え

受付が終了したらロッカーの鍵をもらい更衣室に案内されます。更衣室も北欧風の洗練されたデザインの空間です。ロッカーもかなり大きく小さなスーツケースなら入りそうなサイズです。

ロッカーの中には、料金に含まれるレンタルのフェイスタオル・バスタオル・ポンチョガウン・巻布・サウナハットが入っておりました。

着替えたらいざ出陣です!毛ざわりもよくて締め付けもなくとてもリラックスできるサウナポンチョほしくなりました、、、

フリードリンクスペース

利用料にはフリードリンクも含まれていて、コーヒー、エスプレッソ、水、レモングラスハーブティーが用意されています。また、フィンランドの瓶ビール(780円)や缶のお酒(500円)を飲むこともできます。

SaunaLabサウナの種類

SaunaLabには個室サウナも含めて全部で6つのサウナが設置されており、どれにも自分でサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させる「ロウリュ」が設置されているのでセルフロウリュを楽しめます。

6人~8人用フォレストサウナ

1番人気「ドームサウナ」

ドームサウナの方がフォレストサウナより湿度が高く汗をかきやすく個人的にもお気に入り。木製のピローがあり、他に利用者がいなければ横になることもできました。

一人利用のサウナ

一人用のサウナは3つあり、どれもセルフロウリュで一気に気温をあげて楽しめます。

マイナス25度の空間でクールダウン「アイスサウナ」

SaunaLabには水風呂はないのですが、マイナス25度の空間で一気に冷却してくれるアイスサウナが備え付けられています。

ととのい空間。

休憩場所

アイスサウナから出たあとは休憩場所でととのいましょう。かなり広くとても落ち着く空間なのでついつい寝てしまうことも。サウナ関連の本などが置いてあるライブラリー空間もありました。

ワーキングスペース

一応無料Wi-Fiとワーキングスペース(3席)も用意されているので作業したい人はこちらを利用できます。

シャワールーム

湯船はないですが、北欧デザインの素敵な空間。オーガニックのシャンプー/リンス/ボディーソープが備え付けられてました。

さいごに

いかがでしたでしょうか。北欧デザインの素敵なサウナ空間はこれまでの銭湯や温泉についている付属品とは違ったサウナの良さを私に教えてくれた気がします。3時間では足りないほど充実した空間だったので次は休日1日フリータイムでととのいに行きたいと思います。

さいごに、SaunaLabのマガジンラックにあって立ち寄みして面白そうだったサウナ関連の本を2冊ご紹介して終わります!笑