福岡

【中洲川端駅周辺】出張者が選ぶ福岡おすすめホテル3選

現在仕事の関係で日本各地を転々とする生活をしており、1回の出張で私の場合は大体2~3ヶ月はその都市に滞在します。そうなるとホテル選びも重要となってくるので、私が長期出張の際にホテルを選ぶコツと実際に福岡出張の際にお世話になったホテル3選を紹介したいと思います。

長期出張ホテル選びのコツ

長期出張となるとやはりある程度その土地に基盤ができ、「生活をする」必要があるのでできるだけ住みやすさを重視してホテルを選びます。

基本はBooking.comもしくはAirbnbを見て、以下の条件を検討します。そして、できればAnytime Fitnessが近くにあるのが理想ですね。笑

  • 会社からの距離(オフィスまで徒歩10分以内が理想)
  • 部屋の広さ(狭すぎると長期滞在にはキツイ…)
  • ランドリーまわり(ホテルだと洗濯1回に500円など取られるのでまぁままぁな出費になることがある)
  • ホテルのエリア(危ないエリアでないか、基本滞在中は料理をしないので外食できる飲食店が近くにあるか)

では、こちらの条件を元に私が実際に福岡で滞在した3つのホテルを紹介していきます。

THE LIVELY 福岡博多

まず最初に泊まったのが2019年夏にオープンした中洲川端駅徒歩1分のスタイリッシュなデザインが特徴の「THE LIVELY 福岡博多」。福岡の他にも東京、大阪にもあるのでご存知の方も多いかも。ロビーの写真のよう今風のフォトジェニックな空間が広がるデザインホテル。毎日の1階のバーでは17:30~18:30の間にハートランドのビールが提供され飲み放題のフリービールタイムもあり賑わってました。

私はスタンダード ダブルルーム(14㎡)に最初の10日間ほどお世話になりましたが、もちろん部屋にもよりますが、同じ価格帯で泊まったホテルに比べると部屋が狭く、そして朝になっても日の光が入ってこず体内時計が狂いそうな感じが結構苦手。。。

朝一の写真なのにこの暗さ。。。短期の観光目的での滞在にはおすすめしたいのですが、長期滞在となるとお洒落さより機能さがほしくなりますね。

ZONK HOTEL Nakasu

次に泊まったのが滞在数も一番長かったZONK HOTEL Nakasu。古い建物で確かに一つ前のLIVELYと比べるとお洒落さなども劣りますが、LIVELYと同じぐらいの料金で部屋の広さが倍になるのは長期滞在者には嬉しいですね。なんと、私が滞在したスタンダード ダブルルーム ダブルベッド2台&簡易キッチン付はなんと広さが32㎡!ただ、アクセスも中洲川端駅から徒歩11分ほどかかるので、まさに広さをとるか、近さをとるかの究極の選択ですが私は広さをとって合計7週間ほどお世話になりました。

お掃除をしてもらうのが都度3000円弱ほどかかるのと、毎回洗濯に500円かかることを除くと簡易キッチンもついているので長期滞在する方におすすめです。

mizuka Plus Nakasu

福岡でさいごに泊まったのが中洲川端駅徒歩5分ほどの完全無人ホテルのmizuka Plus Nakasu。私が泊まったのはエコノミーダブルルーム(12㎡)で、最初のLIVELYより2㎡も狭かったのに個人的にはそこまで気にならなかったのは光が入って明るく見えるかもしれない!

まぁ、この広さなので基本はベッドの上で作業することが多いし、お風呂も湯船がなくシャワーだけなので人によっては苦手な人も多いかも。

宿泊者で共有するキッチンもついてるし、洗濯機も無料で使用できるので総合的に判断すると個人的には3つの中で一番いいホテルかな。

さいごに

いかがでしたでしょうか。長期滞在となるとホテルを選ぶ観点もいつもの旅行や短期出張の時とは異なってきますね。もし中洲川端周辺でホテルを探しているならぜひ参考にしみてください。

そして中洲に来るならおすすめのサウナにも行ってみてね。

手ぶらOK!福岡の女性専用サウナSaunaLab Fukuokaでととのい体験 こんにちは。現在、福岡に短期出張中のErina(@erina345)です。今日は私が福岡滞在中にどハマりした女性専用のサウナ施設「Sa...